iPhoneの修理状況。それは何ですか?またどのように機能しますか?

著者の写真
stealth

iPhone の修理ステータスは、iPhone デバイスが壊れてサービスに持ち込む必要がある場合に有効にする必要がある新しいモードです Apple または認定サービス Apple.

Mac、iPad を使用する前に、 Apple Watch または正規サービスの iPhone Apple、そのデバイスはサービスを利用するために必要でした Find My 無効。このメソッドは、デバイスが別の人ではなく所有者によってサービスのために送られたことを確認します。 iOS17.5以降では、 Apple 保証期間内かどうかに関係なく、サービスが必要なデバイス向けに、iPhone に修理状態モード (修理状態) を導入しました。

この新しいオプションは、次の後に必要になります。 Apple iOS バージョン 13.7 で「盗難されたデバイス」が導入されました。 「盗難されたデバイス」は、サービスが無効になるのを防ぐ追加の保護オプションです。Find Myデバイスが既知の場所にない場合は、「」を 1 時間続けます。そのため、多くの iPhone 所有者は店舗で待たなければなりませんでした Apple またはサービスを無効にすることができるまでサービスセンターで」Find My"。

関連する デバイスが盗まれました。 iPhone の追加のセキュリティ保護.

iPhoneで修復モードを有効にするにはどうすればよいですか?

まず第一に、デバイスを正規サービスに引き渡す必要がある場合を除き、この iPhone 修理状態 (Repair State) モードをアクティブにしないでください。 Apple または Apple ショップ。

「修復状態」モードをアクティブにするのは、アプリケーションから非常に簡単です。Find Myあなたがデバイスの所有者であり、以下の手順に従ってください。

1.アプリ「Find My」にアクセスして、Mac、iPad、iPhone、またはオンライン アカウントからアクセスしてください。 iCloud.COM.

2.アプリ内で「Find My」デバイスでメニューに移動し、サービスに送る iPhone を選択します。

3. オプション メニューの一番下までスクロールし、「このデバイスを削除」をタップします。

4. ダイアログ ボックスに、デバイスをアプリケーションから削除できないことを通知するメッセージが表示されます。Find My」となりますが、サービス用に用意することも可能です。 「続行」をタップし、手順に従ってiPhoneを修復状態にします。

“Cannot Remove iPhone. Prepare This Device for Repair? This iPhone is linked to your Apple ID and cannot be removed while it’s online, but you can still prepare it for repair.”

iPhoneの修理状況。それは何ですか?またどのように機能しますか?
iPhoneの修理状況。それは何ですか?またどのように機能しますか?

5. 「続行」ボタンを押すと、デバイスはアカウントのパスワードを入力するように求めます。 Apple IDを指定します。

この修復モードが有効になると、ユーザーはデバイスが修復状態でも完全に機能することを知らせる通知を受け取ります。

現時点では、iPhone デバイスの「修復状態」をどのように無効にできるかは明らかではありません。どうやら、ユーザーにはこれを行うオプションがありません。おそらく、iPhone の修理ステータスは技術者によって無効化されるでしょう Apple または認定サービス Apple、デバイスの修理後。

結論として、iPhone の修理ステータスは、デバイスをサービスに引き渡す準備が必要な場合にのみ有効になります。 Apple または認定サービス Apple。このモードのアクティブ化はアプリケーションから行われます。Find Myアカウントにログインしている任意のデバイスから。 Apple IDを指定します。

コンピューター、携帯電話、オペレーティング システムの分野での私の経験を喜んで共有し、Web プロジェクトを開発し、最も役立つチュートリアルやアドバイスをお届けします。 私はiPhoneで「遊ぶ」のが好きですが、 MacBook Pro、iPad、AirMac Extreme、およびオペレーティング システム上 macOS、iOS、Android、 Windows.

コメント