好奇心 MacOSの 微調整

MacOSでキーを押したときに文字の繰り返しを有効にする方法(キーを押し続ける)

Macユーザーは、 キーを押したままにする 秒以上、彼のオプションが表示されます 特別なキャラクターを紹介します。 これらのキャラクターは キーボード言語 (キーボードレイアウト)およびオペレーティングシステムのインターフェイスセットの言語。

たとえば、on Windows それは キーを押したまま 「U」、「UUUUUUU」を取得します。 しかし、Macでは、そのキーの背後にある特殊文字セットをアクティブにします。 UUUUU。

キーの背面に特殊文字がなく、押したままになっている場合、何も起こりません。

幸いなことに、Macユーザーは キーの動作を変更する、押したままにすると、パネルをアクティブにせずにキャラクターの印刷を繰り返します 特殊文字。 つまり、Windowsのようになります ただし、特殊文字と文字の繰り返しの両方を使用する場合、実行する必要がある手順が不快になる可能性があり、多くの時間を失うことになります。

macOSでキーを押したときに文字の繰り返しを有効にする方法

このオプションの有効化は「システム環境設定」に関するものではありませんが、実行するだけで非常に簡単に実行できます ターミナルのコマンドライン.

1.ターミナルを開き、コマンドラインを実行します。
defaults write -g ApplePressAndHoldEnabled -bool false
2. オペレーティングシステムを再起動します、次にTextEdit(または他のテキストエディター)アプリケーションを開き、 キーを押し続ける、通常は背後に特殊文字があります。

文字繰り返し速度 キーは、「システム環境設定」→キーボード→から簡単に変更できます。 キーリピート →高速。 アクションの繰り返し時間が短縮されることは非常に重要です。 繰り返しまでの遅延 →「ショート」。

再度有効化する場合 特殊文字で実行 ターミナル コマンド:
defaults write -g ApplePressAndHoldEnabled -bool true
コマンドラインを実行した後、変更を有効にするにはシステムを再起動する必要があることに注意してください。

MacOSでキーを押したときに文字の繰り返しを有効にする方法(キーを押し続ける)

著者について

ステルス

私は自分の経験をコンピュータ、携帯電話やオペレーティングシステムと共有し、ウェブプロジェクトを開発し、最も有用なチュートリアルとヒントを提供することを嬉しく思います。
私はiPhone、MacBook Pro、iPad、AirPort Extreme、MacOS、iOS、Android、Windowsオペレーティングシステムでプレイしたいです。

コメント